医療/健康

目の疲れを解消する4つの方法【眼精疲労を甘く見ないで!】

新型コロナウイルスの影響による自粛生活をどのように過ごされているでしょうか。

テレビ、パソコン、スマートフォン等の画面を見る時間が増えたことで「目の疲れ」を感じる方が増えています。

私も職業柄、モニターを見続けることが多いため「目の疲れ」が溜まらないように意識しています。

「目の疲れ」をそのままにしておくと、「眼精疲労」に移行してしまいます。

「眼精疲労」とは目の疲れが溜まり、肩こりや頭痛など全身に症状が発生するものです。

「眼精疲労」の状態では作業効率も低下するため、早めに正しく対処して自粛生活を乗りきりましょう。

 

目の疲れを解消する4つの方法

目の疲れを解消する4つの方法「目の疲れ」の対処方法と解消方法についてお伝えいたします。

ずばり、お伝えする4つの解消方法は以下の通りです!

・適度に休憩、睡眠を取る

・ストレッチ

・マッサージ

・目を温める

 

適度に休憩、睡眠を取る

基本にはなりますが、適度に休憩、睡眠を取りましょう。

画面を集中して見続けると瞬きの回数が減り、ドライアイになってしまいます。

また、眼の動きが少なくなり、水晶体の厚さを調整する毛様体筋が緊張状態になり疲労がたまっていきます。

1時間に1回程度は休憩を取り、遠くのものを見てゆっくり休みましょう。

ストレッチ

続いては目のストレッチです。

体の力を抜いてリラックスします。
背筋を軽く伸ばし、顔は正面を向けたまま、次のストレッチを行います。

①眼を左右に10回動かす
②眼を上下に10回動かす
③眼を右回り、左回りにそれぞれ3回動かす
④鼻先を5秒見つ続ける
⑤5秒眼を強く閉じる

このストレッチにより眼の筋肉をほぐすことができます。
また、強く眼を閉じることで涙腺が刺激され、少量の涙により眼に潤いが戻ります。

マッサージ

目の疲れに効く、4つのツボを力を入れすぎず軽く押しましょう。

●攅竹(さんちく)
目の疲れやドライアイなどに効果があります。

●太陽(たいよう)
目の疲れや頭痛などに効果があります。

●承泣(しょうきゅう)
様々な眼精疲労に効果があります。

●睛明(せいめい)
目の疲れ、眼精疲労に効果があり、人が目が疲れを感じた時に自然と抑える部分。眼球を押さえないよう注意しましょう。

 

眼を温める

蒸しタオルまたはホットアイマスクを使用して眼をあたためましょう。

蒸しタオル

➀タオルを濡らして軽く絞ります
②ラップに軽く包んで500Wで1分温めます
③最初は熱いので心地良い暑さになってから眼に当てて温めましょう

タオルが冷えてくる前には外しましょう
また、肌はデリケートの為、熱い状態で使用しないように注意してください。

使い捨て式ホットアイマスク

こちらは開封するだけで温まり、使用することができます。繰り返し使用できないというデメリットはありますが、手軽に使用できるメリットがあります。


電気式ホットアイマスク

電気式のホットアイマスクは電気により半永久的に使用できるのが特徴です。
商品を選ぶ際には、下記の機能を参考に商品を選んでみてください。

・温度調整が可能
・USBで電気供給が可能
・オフタイマーが使用可能
・カバーの洗濯が可能


電子レンジ式ホットアイマスク

電子レンジで温めるだけという手軽さと、繰り返し使用できるしようできるというメリットがあります。繰り返し使用できる回数は商品によって異なるが、価格も安くコスパに優れています。


妻が目の疲れを感じやすいため、この商品のリラックマverをプレゼントしたところ、見た目もかわいく、とても使い心地が良かったようで愛用してくれています。


【まとめ】目の疲れを解消する4つの方法

【まとめ】目の疲れを解消する4つの方法

目の疲れを解消する方法を4つお伝えいたしました。

・適度に休憩、睡眠を取る

・ストレッチ

・マッサージ

・目を温める

自粛生活でストレスが溜まることもあると思いますが、無理をせず乗りきっていきましょう。

何よりも大切な資本があなたの体です。